ハイエース TOYO TIRESオープンカントリーRT タイヤ紹介!

ハイエース

こんばんは、西尾です。

今回は、ハイエースのタイヤ、
TOYO TIRES OPEN COUNTRY(オープンカントリー)RTについてです!

といっても、購入と交換したのは2年前くらい・・・
2年使ってどうなのか?

と言うのも紹介できたらと思います!

実際に購入したもの

私が購入したのはこれ
ヤフーショッピングで164,000円+送料6,000円(23年6月時点)

LEXXELのホイール付き4本です。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/wat/death-16-mb-139-rt-01.html

2年前の値段は143,500円なので、20,500円も値上がりしてると考えると恐ろしい・・・
送料は変わりません。

西濃運輸支店止めで依頼したので、近くの支店まで取りに行きました。
こう言うときのハイエースは便利です。

オープンカントリーのタイヤサイズと車検

純正と比較するとすこし太くなります。

右)オープンカントリーのタイヤサイズは215/65R16です。

左)トヨタ純正(ボディ標準のスーパーGL)は195/80R15

表面もかなりごつごつしていますよね!

ハイエースは、普通の車とは違い貨物扱いになるので乗用車用のタイヤだと車検に通りません。
サイズが合えば何でもいい!という訳にはいきません。

しかし!オープンカントリーはちゃんと貨物対応なので車検OK!

ちなみに、ごつごつタイヤで有名なオールテレーンは
乗用車用のタイヤなのでハイエースだと車検NGなんです。

なぜかというと、貨物なので重い荷物を積載することが前提なので
タイヤの適正空気圧が違う。

ハイエースは最大積載量が1000kgなので乗用車用のタイヤだと重さに耐えられない。

なので個人的には、ごつごつ感はオールテレーンが勝っており好みなのですが
車検に通らないのは嫌だったので、私はオープンカントリーを選びました!

あとは、荷物を最大まで載せてパンク・バーストしても怖いので・・・

走行音・ロードノイズ

ごつごつしたタイヤのロードノイズはどうなのか・・・

一言で、、、うるさい

たぶん、プリウスとかハイブリッド車を乗っている人が
オフロード系タイヤのハイエースに乗ると騒音レベルだと思います。

ハイエース純正タイヤから交換でも全然違う。

私のハイエースはディーゼル車ということも相まって、
高速道路では後部座席の人の声が、声を張らないと聞こえないレベル

運転席と助手席間はあまり問題はありません。

人間というのは恐ろしいもので、ずっと乗っていると慣れてくるので
私は今じゃ気になりません。

むしろ、音がしない方が違和感になってしまっています。

取付け後の見た目

こんな感じ、ごつごつ感とホワイトレターがいい感じですよね!

タイヤのつらはこんな感じ↓

ほぼ変わらないですね!
タイヤが少し太くなったのですが、たぶん内側にオフセットがかかってます。
なので純正と変わりません!

ハンドルを全開に切っても干渉はありません!

空気圧

ドアに貼ってある既定の空気圧は

タイヤサイズ:195/80R15
軽積載時 前輪:325kPa 後輪:300kPa
定積載  前輪:325kPa 後輪:350kPa

となっています。

しかし、オープンカントリーの場合
私は常に前輪も後輪も320kPaにしています。

1000kgを積載することも滅多にないですし、
積載の都度空気圧なんて変えてられないので間を取ったって感じです!

2年経った現在と最後に

購入から2年経ってですが、
特に変化や問題もなく使用できています!

タイヤの減りもそこまで大きいわけでもないので
まだまだスリップサインまでには到達しません!

強いて言えば、ホワイトレターの文字がブレーキダストなどの汚れで
ホワイトからグレーになってます!笑

最後に、

問題なく使用できており、スリップサインもまだまだですが
タイヤ本体にも使用期限的な寿命があるので
使えてもあと3年くらいだと思います。

また3年後に同じようにどうだったか?どのくらい減ったか?など
投稿出来たらいいなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

WESTAIL NISHIO ALUMI FRAME

コメント

タイトルとURLをコピーしました