ハイエース テールランプ グロメット交換

ハイエース

こんばんは、西尾です。

今回はハイエースのテールランプのグロメットを交換してみました。

テールランプを頻繁に付けたり取ったりするとどんどん緩んできます。

ボディとテールランプに隙間ができてきたので、交換してみました。

グロメットとは

グロメットとはなにか?ですが、

ゴムや樹脂の部品で穴が開いていて、そこにピンを挿入する部分です。

文字で説明するより、画像の方がわかりやすいです。

写真の赤丸の部分です。

この部分をグロメットと言い、テールランプを固定しています。

グロメットは車体の至る所に使用されています。

樹脂でできているのでテールランプを何回も付けたり取ったりしてる摩耗してきて
上手に固定できなくなってきます。

テールランプ グロメットの種類

ハイエースのテールランプで使用しているグロメットは3種類あります。

①と②で使用しているグロメット

型式:90189-060634 KDH200V
ねじ止めする部分です。

片側2個使用しています。

③で使用しているグロメット

型式:81496-52020 CBF-TRH200V
テールランプ側のピンが刺さります。

片側1個使用しています。

④で使用しているグロメット

型式:76817-26040 CBF-TRH200V
テールランプ側のピンが刺さります。

片側1個使用しています。

購入場所

今回はヤフーショッピングで購入しました。

1個数十円~数百円なので、そこまで高いものではありません。

交換方法

交換方法ですが、
①テールランプを外す
②グロメットを外す
③新しいグロメットをはめ込む
④テールランプ固定する

手順としてはとても単純ですが、グロメットがなかなか外れないので大変でした。

①テールランプを外す

テールランプにあるプラスのねじ2つを外します。

外したら配線がつながっているので、小さめのマイナスドライバーで爪を上げて引き抜きます。

②グロメットを外す

グロメットには返しがついていて、1回はめると簡単には取れないようになっています。
いろいろは外し方があると思いますが、私はマイナスドライバー2本を使って外しました。

マイナスドライバーで両サイドから押し込んで、手前に引きます。
外装側はキズ防止のため、タオルで保護しています。

この方法ですべて外れました。

③新しいグロメットをはめ込む

①と②だけ向きがあります。
縦と横を間違えても特に問題は無いと思いますが、
元々付いていた姿と同じにしたいので写真と同じ向きで付けましょう。

すべて指で押し込んで完成です。

④テールランプ固定する

抜いた線を、カチッと音が鳴るまで差し込んだらテールランプをねじで固定します。

テールランプを押し込みます。
新品になるとピンが抵抗を超える感覚があります。

ネジは、まっさらな部分にねじを切り込むので結構固いですが
そのまま締めこみます。

テールランプを揺すって動かなければオッケーです。

グロメット交換前後の比較

左;交換前  右:交換後

5mmくらい隙間があったのが、0になりました。

最後に

普通に乗っている方であれば、テールランプを付けたり取ったりすることはないので
あまり関係ないと思いますが、社外のテールランプに変えたりする方はぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました